ICTを利用した交通安全指導

Sakuran

課題

 交通安全指導は社会的な活動範囲を広げるのに不可欠な指導であるが、「安全である」ことを確認するのは数多くのケースを経験し、それに見合った行動を取らなくてはいけない。通常の交通安全教室では全校生徒で一斉にビデオを見たりするのが一般的である。それに加えて特別支援学校では少人数で交通ルールを確認する指導も重要な要素を占めるが、実態に見合った適切な教材を探すのが難しい。

解決方法

 北海道交通安全協会のホームページ(http://www.safety110.jp/)上にリンクされている、株式会社ハドソンが制作した「ボンバーマンストリート」というコンテンツがある。これをPCにダウンロード、インストールすることで、バーチャルな世界で基本的な交通ルールについて、学習することができる。

子どもの様子

 実際に学習指導に取り入れてみたら、生徒たちの関心が高く、どのように道路、交差点を横断したらよいか、自主的に生徒たちが考え、活発に意見を言うなど学習活動に参加することができていた。

使用したICT教材・機器

 WindowsXP搭載PC、「ボンバーマンストリート」

その他

 本件については北海道交通安全協会に確認を取り、紹介する許諾を頂いている。また、紹介した「ボンバーマンストリート」については、株式会社ハドソンに著作権がある。

逆引き実践事例


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-07-04 (日) 16:14:00 (3058d)